2005/06/30

幸せのおすそ分け

ribon01
 昨日は友人と久しぶりに会う約束をしていたので、小雨が降ったり止んだりのイマイチなお天気の中、珍しく外出して来ました。
普段、ほとんどヒッキーな生活を送っている私は、雨が降っているといえば出ないし(別に水に濡れて溶ける訳でもないんだけど…笑)
風が吹いているといえば、やはり出ないのですが(コンタクトがゴロゴロして、目を開いていられないので)。

ところで、昨日会った友人は、実は最近入籍を果たしたばかりの新婚ほやほやの奥様
ランチの約束をした頃には、そんなこと一言も聴いていなかったのだけれど、1週間ほど前に彼女のブログを尋ねたら、なんと、その前日に入籍したとの報告があって、ひゃぁ!びっくり!!

それを彼女に伝えたら、
「私も、びっくり!(笑)」
と笑っていました。

その笑顔がとってもきれいで、とっても嬉しそうで、こちらも自然に笑みがこぼれます。
幸せいっぱいの人には、その場にいるだけで周りの人をも幸せにするパワーがあるのですね。
彼女からあふれんばかりのプラスのエネルギーをいただいて、出掛ける時より数十倍元気になって帰ってきた私なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/27

電車くん、頑張れ!

昨日はダンナと映画電車男を観てきました。
先週の戦国自衛隊1549に続き、2週連続で日曜日を映画館で過ごしました。
女性同士ならば水曜のレディースデーに1,000円で観られてお得なのですけれど、夫婦で行くとなると、毎月1日の映画の日がたまたま土日祝にあたったときに行くか、あるいは前売り券を買っておくかレイトショーで観るしか安く観る手段はないと思っていました。でも、クレジットカード提示による割引という手があったのですね。レディースデーにはかないませんでしたが、それでも300円ずつ値引きしてもらえたので、ジュース代くらいは浮きましたよ(^^ゞ。

あ。ちなみに割引を使ったのは先週でした。今回は事前にネット予約して行ったので、まるまる大人料金。ちょっと痛いけど、どうしても並ばずに良い席で観たいときは、ネット予約に限ります。

電車男は、春先に本を買ってきて読みました。
実は、本を買う少し前まで、私は大きな勘違いをしておりまして…電車男というのは、いわゆるてっちゃん(鉄道マニアの男たち)のことだとばかり思っていたのです(笑)。
それに、実話ではなくて小説だと、ずっと信じていました。だから、ページをめくってびっくりしました。だって、そこにあったのは、2ちゃんねるの画面そのままのページだったのですから。

その2ちゃんねる独特の世界を、いったい映画でどのように表現するのだろうか。
あまり期待していったら、がっかりしてしまうかな…?

そんなことを考えながら観に行ったのですが、結果は、大満足でした。
これからご覧になる方もいらっしゃると思うので、あらすじは伏せておきますが、私、不覚にも泣いてしまいました(笑)。まっすぐな電車くんに思わずもらい泣き!

でもね、電車くんにも感動しましたけど、お相手のエルメスたんにかなり感情移入しちゃったんですよねえ。というのも、ダンナとの初デートは、何を隠そう、御茶ノ水・神保町・秋葉原コースでしたし(笑)。いえ、決してダンナが“アキバちゃん”だった訳ではないのですけどね(爆)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/04/22

カルピス名作劇場

このページのデザインに使われている使われていたあらいぐまラスカルは、その昔、毎週日曜の夜7時半からフジテレビ系で放映されていたカルピス名作劇場の代表的な作品。…ずっとそう思っていたのですが、なんと、違っていたことが判明しました(^^;

先日も友人と
「カルピス劇場シリーズの作品って、どの辺まで覚えてる?」
なんて話をしたばかりで、今日、なんとなく検索してみたんですよ。そしたら…
カルピス名作劇場というシリーズ名だったのは、ペリーヌ物語('78)ただ1作だけじゃないですかっ!?
私はてっきり、ムーミンあたりの作品からずっとそう呼ばれてきたものと思っていましたから、一瞬、目が点になってしまいました。はてなダイアリーに詳しく書かれているので、どうぞ読んでみてください。

前述のページにも書かれていますが、なにせあの時間帯はずっと長いことアニメをやっていたので、どれも同じシリーズだと思っている人は多いでしょう。世界名作劇場というシリーズ名が一番長く続いたようですね。ちなみに、赤毛のアン('79)からが同シリーズだそうですが、製作側の見解ではフランダースの犬('75)から家なき子レミ('96)までということになっているようです。

ところで、ラスカルに話を戻しますが、いつ頃観たのかすっかり忘れていたのですけれど、77年の作品なんですね。DVDにもなっていますが、最終話の他に完結編ていうのがあって、すごく気になるんですけど(笑)。
完結編の内容は不明ですが、このページでプロモーションビデオを観る事が出来ます。主題歌も聴けますよ。なつかしい〜っ!

東京駅近くの八重洲地下街にラスカルやパトラッシュのグッズを売っているお店があって、そこを通る度にぬいぐるみを買いたくなって仕様がないんですけども、我が家はただでさえぬいぐるみだらけなので我慢しています(笑)。子供もいないのに、たれぱんだだのおかいものくまだのに囲まれて大変なことになってます(^^; あ…どんどん話がそれていくので、ぬいぐるみ話は、また今度(笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/03/24

流浪の民(2)〜なつかしの梅ヶ丘〜

Hashioki01世の中には生まれてこの方一度も引越しを経験しない人もいれば、私のように十回以上も引越しをした人間もいます。父親の仕事の関係で、赤ん坊の頃から何度も引越しを経験した私ですが、三つ子の魂百までの諺(ことわざ)どおり、大人になってからも数度の引越しをしました。そんな各地を転々とした自分や同じ境遇の人を、私は愛着を込めて“流浪の民”と呼んでおります(笑)。

短大を卒業して、専門学校に通うために上京した私が最初に住んだ街。それが梅ヶ丘です。急行は停まらないけれど、新宿へも渋谷へも15分ほどで出られるし、下北沢も近くて、とても住みやすい街でした。駅の反対側には羽根木公園という梅の名所があって、天気のよい日に散歩するのには絶好の場所…だったのですが、数えるくらいしか行ったことがありませんでした(^^ゞ今にして思えばとてももったいなく思うのですけれど、それは年齢を重ねた今だからこそ、そう思えるのかもしれません。

アパートの近くには高校がありました。そのため、休みの日に遅くまで寝ていると、しばしば運動部の女生徒たちの軽やかな足音と掛け声に優しく起こされたものです。しかし、尚もウトウトしていると、やがてドスドスと重たい足音とともに、「こぉ〜くしかぁ〜ん!ファイッ!ファイッ!ファイッ!!」という、おもいきりむさ苦しい体育会系の男子学生たちの低音が響き渡り、おちおち寝てなどいられなくなるのでした。もう、かれこれ20年近く前の話です(^^; 写真は、下北沢の雑貨屋さんで購入した、今も尚愛用している猫のデザインの箸置きです。数度の流浪生活にもめげず、健在です(笑)。

この街に住んで間もない頃、非常に手痛い失恋を経験しました。自分で言うのもナンですが、田舎から出てきた世間知らずのお嬢だったもので…(爆)。でも、立ち直りも早かったですよ。何かに没頭すれば失恋の傷なんてすぐ忘れるだろうと思い、本屋に行きました。そこでPlayerという音楽雑誌に手を伸ばしたことが、その後の人生を左右することになろうとは、そのときは思いもしませんでした。この辺りの話は、また後日あらためて…(^-^)/~~

| | コメント (4) | トラックバック (0)