2005/09/23

NANA−ナナ−

img_wp1a久しぶりに映画ネタです。
先月の姑獲鳥の夏以降、亡国のイージスヒトラー 最期の12日間容疑者 室井慎次マザー・テレサ、そしてNANA-ナナ-と、5本ほど映画館で観て来ました。

洋画は偶然にも実在の人物を題材にした対照的な2作品を観た訳ですけれど、やはり独裁者よりは、慈悲の精神を貫いた女性の物語の方が観てよかったと思える内容でした。しかし、どちらも大作ですが、この2作品よりは、邦画の方が面白かったです。

中でも今回取り上げたNANA-ナナ-は、イージスや室井ほどスケールの大きいものではないけれど、監督も俳優もスタッフもみんなが原作の雰囲気を大切にし、登場人物の一人一人がとても活き活きとした好感の持てる作品でした。本当は原作のコミックスを全巻読んでから観たかったのですが間に合わず、観終わった帰り道にプレミアムファンブックの『7・8巻』を含む全14冊をまとめ買いして、今、せっせと読んでいます(^^ゞ

読みながら思いましたが、中島美嘉のナナは、元々彼女をモデルに描かれたのではないかと思うほどハマリ役ですね。歌唱力には定評のある彼女だけれど、ナナがケータイをマイク代わりにテーブルに上って新曲を歌うシーンや、東京に進出してきて初めてのライブのシーンなど、観客を釘付けにする強烈なカリスマ性を感じて、一気にこの作品に引き込まれてしまいました。

また、この作品には主に2つのバンドが出てきますけれど、どちらのバンドのライブシーンもとても迫力がありました。自分もバンドをやっているのですが、楽器をやる人間が見ても、一瞬、本当に弾いているように見えました。(笑)パンフによれば、やはり映像と音声は別々に収録されたとのことですけれど、初心者レベルから猛練習して、実際に弾きながら撮ってもよかったんじゃないかというところにまで達したと言うから驚きです!これから観る人、あるいはDVDになったら観ようと言う人は、ぜひ、ライブシーンに注目してほしいと思います。来年秋の続編が楽しみです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/23

フジ子・ヘミングの『皇帝』

zakka120_27/17(日)サントリーホールで行われたフジ子・ヘミング&ブダペストコンサートオーケストラのコンサートへ行ってきました。
彼女のピアノを、一度は生で聴いてみたいと思っていましたので、このコンサートをとても楽しみにしていました。
しかもこの日はオール・ベートーヴェンプログラム。ベートーヴェンの曲は大好きなので、より一層期待が膨らみました。
『ショパンとリストを弾くために生まれてきた』と絶賛される彼女なので『ラ・カンパネラ』も楽しみではありましたが、それ以上に、(一時は両耳の聴力を失っていた)耳の不自由な彼女が、同じ耳の不自由だった楽聖の曲をどう解釈するのかに興味がありました。

楽聖と同じ境遇を体験したことのある彼女の『皇帝』は、私がそれまで聴いたことのあるものとはまったく違って、派手な感じではなく、意外にもまろやかな音で始まりました。私はこの曲を語りつくせるほどクラシックに詳しくはないので、感じたままの感想しか書けませんが、なんとなく、第1楽章は即位したばかりのまだ幼さの残る若い皇帝を、第2楽章は憂える皇帝を、そして第3楽章は人々に讃えられ燦然と輝く真の皇帝を表しているような、そんなストーリーが見えたような気がしました。

難度の高いリストやショパンを得意としていらっしゃるだけあって、細かい音符のスケール(音階)も流麗にこなされ、やわらかなピアニシモから迫力のあるフォルテシモまで、ピアノの魅力をあらためて感じさせてくれるような演奏でした。

独奏の『ラ・カンパネラ』の前に、プログラムになかった『ハンガリー舞曲第5番』を演奏してくれて嬉しかったです。いつまでも拍手の鳴り止まない観客席に、茶目っ気たっぷりの投げキッスで返してくれたフジ子さん。
今度はお得意のショパンを聴かせていただきに、ぜひまたコンサートへ行ってみたいと思います。
※Photo by “be-sweet-on”

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/12

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐

SW3a土曜日、念願のスター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐を観に行って参りました。小6か中1の時に、書店を営んでいた親戚からエピソード4の原作本をお年玉代わりにもらったのがきっかけで、この壮大な物語の虜になってしまった私にとって、この作品の完結は大変待ち遠しいものでした。でも、それと同時に、これで最後なのかと思うと、少し寂しい気分でもありました。

しかし、あのお馴染みのオープニングテーマが流れ、銀河の彼方へゆっくりと遠ざかりながら消え去ってゆく独特のプロットの文字が画面に出現した途端、やはり寂しさよりも期待で一杯になってしまいました。どのエピソードにも共通するこのオープニングの場面は、さながらオペラの序曲のようだと、毎度のことながら思います。

観終わった感想は、大満足でした。
大方の観客は旧3部作(スター・ウォーズ・トリロジー)を観て未来に何が待っているのかを知っているため、このエピソード3の結末もわかっています。けれど、結末を知りながらも感動してしまうのは、そこに至る悲しい理由を目の当たりにするからでしょう。

ジョージ・ルーカス監督はスター・ウォーズ全6作品を作るに当たって、世界中のあらゆる伝説や神話を研究したと聞きましたが、妻を愛するがゆえにダークサイドへと身を投じてゆくアナキンの姿には、古(いにしえ)から伝わる物語や神話に出てくる人間の弱さ・愚かさが見事に描かれていました。

スター・ウォーズを1度も観たことのない友人は「ロボットものは、どうも苦手で…」と言います。たしかに、たくさんのドロイド(ロボット)やエイリアンは出てくるけれど、でも、それらは脇役でしかありません。今度会ったら、私は彼女に言うでしょう。この物語は「選ばれし者」となった男の親子2代に渡る壮大な人間ドラマなのだと。

この作品を観終わった後、無性にエピソード4・5・6が観たくなりました。3を観る前にDVDで1・2を観て、3を観終わったらまたDVDで一気に4・5・6を観たら、物語の全体が事細かに理解できるでしょうね。エピソード3。予告編を含めて2時間45分、堪能させていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/24

流浪の民(2)〜なつかしの梅ヶ丘〜

Hashioki01世の中には生まれてこの方一度も引越しを経験しない人もいれば、私のように十回以上も引越しをした人間もいます。父親の仕事の関係で、赤ん坊の頃から何度も引越しを経験した私ですが、三つ子の魂百までの諺(ことわざ)どおり、大人になってからも数度の引越しをしました。そんな各地を転々とした自分や同じ境遇の人を、私は愛着を込めて“流浪の民”と呼んでおります(笑)。

短大を卒業して、専門学校に通うために上京した私が最初に住んだ街。それが梅ヶ丘です。急行は停まらないけれど、新宿へも渋谷へも15分ほどで出られるし、下北沢も近くて、とても住みやすい街でした。駅の反対側には羽根木公園という梅の名所があって、天気のよい日に散歩するのには絶好の場所…だったのですが、数えるくらいしか行ったことがありませんでした(^^ゞ今にして思えばとてももったいなく思うのですけれど、それは年齢を重ねた今だからこそ、そう思えるのかもしれません。

アパートの近くには高校がありました。そのため、休みの日に遅くまで寝ていると、しばしば運動部の女生徒たちの軽やかな足音と掛け声に優しく起こされたものです。しかし、尚もウトウトしていると、やがてドスドスと重たい足音とともに、「こぉ〜くしかぁ〜ん!ファイッ!ファイッ!ファイッ!!」という、おもいきりむさ苦しい体育会系の男子学生たちの低音が響き渡り、おちおち寝てなどいられなくなるのでした。もう、かれこれ20年近く前の話です(^^; 写真は、下北沢の雑貨屋さんで購入した、今も尚愛用している猫のデザインの箸置きです。数度の流浪生活にもめげず、健在です(笑)。

この街に住んで間もない頃、非常に手痛い失恋を経験しました。自分で言うのもナンですが、田舎から出てきた世間知らずのお嬢だったもので…(爆)。でも、立ち直りも早かったですよ。何かに没頭すれば失恋の傷なんてすぐ忘れるだろうと思い、本屋に行きました。そこでPlayerという音楽雑誌に手を伸ばしたことが、その後の人生を左右することになろうとは、そのときは思いもしませんでした。この辺りの話は、また後日あらためて…(^-^)/~~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/03/22

自分自身の癒し方VOL.2

garbera01
土曜日にミュージカル“レ・ミゼラブル”を観てきました。7〜8年前にも観たことがあったのですけれど、3時間の人間ドラマは、登場人物の一人一人がみな主役のような、素晴らしい生き様を見せてくれる、感動一杯のステージでした。

日曜日には映画“ローレライ”を観ました。こちらは軍隊が舞台の映画のため、出演者のほとんどが男性でしたけれど、どのキャラクターも魅力に溢れ、共感を誘いました。また、思いやりや人を信じる気持ちの大切さを強く感じる作品でした。

ミュージカルにしろ映画にしろ、見終わった後に自分が最も共感した役や場面を振り返る…これって、とてもよいセラピーになるんですよね。共感できるってことは、考え方や行動が自分と似ていたり、自分の中に似たような感情があったりするわけです。実際に似たような体験をしていなくても、自分だったらこうするんじゃないか、なんて思ったりする。キャラクターに自分を投影して、自分自身を客観視しているうちに、自分のコミュニケーションのとり方のクセなどが見えてきます。ミュージカルや映画だけでなく、テレビのドラマでも、バラエティー番組の出演者でもそうです。例えば、私は“あいのり”が好きなんですけど、あの番組に登場する女の子たちを観ていて、よく涙します。他人と上手く付き合えなくてわざと嫌われるような行動をとっている子が、仲間から叱咤激励されるシーンなんて、まるで自分を見ているようで、ティッシュの箱抱えて観てました(^^; きつく叱られるより、優しい言葉を掛けられる方が泣けちゃうんですよ。「あ、同じだ…」って思ったら、涙が止まりませんでした。それと同時に、「もしかしたら、自分も同じ様な行動をとって周りに迷惑かけたかもしれない」なんて、ちょっとした気づきを得ることも出来ました。
共感出来るキャラクターやシーンを探すこの方法。自分を客観視するのにとても有効です。是非、お試し下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/17

自分自身の癒し方VOL.1

P050314_1455
11月以来の更新です。サイト名もデザインも変更して心機一転再スタートしましたので、これからまたよろしくね…って、読んでくれてるヒトいるのかなぁ(^^; 自分のHPやバンドのページの日記など書くところが複数あるので何処で何を書くか迷いますけど、まあ、ジャンルにこだわらず、気ままにやっていこうと思います(^^ゞ
*********************
さて、本題に入りましょう。“自分自身の癒し方”…人それぞれ、様々な方法があると思いますけれど、私が最近試しているのは、自分自身のために花を買うこと。今までにライブや誕生日にお花をいただいたことはありますが、自分自身のために切花を買って飾ったことは、あまり経験がありませんでした。昨年の11月頃にもお花をいただいたのですけれど、何となく、花が絶えてしまうのが寂しくて、自分で花を買い足したのです。それがきっかけになって、外出先でフラワーショップを見かける度に、自分のために花を買うようになりました。出来合いの小さな花束を買うこともあれば、そのとき最も気になった花を1〜2種類数本ずつ買うこともあります。昔は切花ってあまり日持ちがしなかったけれど、今はお花の延命剤(栄養剤)があって、それをお水に入れてやると、新鮮な切花なら1週間から10日位(時には2週間近く)元気に咲いていてくれます。ダンナはそれをみて「ドーピングだ」と笑いますが、いいんです!少しでも長く元気に咲いてくれれば(笑)。出来合いの花束はリーズナブルな分、既に開花して何日か経ったものが多いので、延命剤を入れてもあまり持ちません。今も気に入った色のチューリップがパソコンの横で元気に咲いています。買ってきた時はしっかりとつぼんでいたのに、お店より部屋の中の方が暖かいせいでしょうか、たちまち全開してしまいました(笑)。それこそ“ぱっ!”と音が聴こえそうなくらい、勢いよく開いてます(^^; 先の方がちょっと色あせてきちゃいましたが、まだまだ元気です。この、懸命に咲き続ける姿を見ていると、自然と心が和んで癒されるんですよね。自分自身で選び、絶えず目に付く場所に飾るというのがポイントかな。ちょっと元気がない時にお奨めです。ぜひ、元気なお花から、その生命力を分けてもらうといいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)