« 父親たちの星条旗 | トップページ | まだちと早い? »

2006/11/14

7月24日通りのクリスマス

Desktop01_800_1 週末観た映画、2本目は『7月24日通りのクリスマス』。
http://www.724-christmas.com/index.html
ヒロインのサユリに中谷美紀、憧れの先輩に大沢たかお。 サユリの幼馴染の森山に佐藤隆太、サユリの弟に阿部力、弟の彼女に上野樹里、サユリの父に小日向文世、父のガールフレンドにYOU。

映画『電車男』のスタッフが作成しただけあって、一言で言うとまさに女性版「電車男」。
『電車男』で憧れの女性“エルメス”を演じた中谷美紀が、 今作では一転、地味で冴えない“電車さん”のような女性を演じている。そして、“電車さん”がどんどん変身していくように、サユリもまた、みるみる綺麗になってゆく。

長年思い続けた憧れの先輩からデートに誘われて、地味で冴えない自分を変えようと、雑誌や化粧品、メイク道具などをごっそり買い込んで、必死に研究に励むサユリの姿は微笑ましい。恐らく、恋をしたことのある女性ならば、誰しも共感してしまうだろう。気づいたときには、あなたもきっと、妄想のポルトガル人親子と一緒になってサユリを応援しているに違いない(笑)。

彼とのデートに観るのにはもちろん最高だけれども、
「自分に自信が持てない人」や、
「何かを始めたいのに『初めの一歩』が踏み出せずにいる人」が観たら、
きっとこの映画に背中を押してもらったような気分になれるだろう。

|

« 父親たちの星条旗 | トップページ | まだちと早い? »

コメント

突然で申しわけありません。現在2006年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票に御参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.mirai.ne.jp/~abc/movieawards/kontents/index.htmlです。

投稿: 日本インターネット映画大賞 | 2006/12/24 09:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38004/12765648

この記事へのトラックバック一覧です: 7月24日通りのクリスマス:

« 父親たちの星条旗 | トップページ | まだちと早い? »