« 2006年7月 | トップページ | 2006年10月 »

2006/08/31

ユナイテッド93&パイレーツ・オブ・カリビアン2/デッドマンズチェスト

昨日は久しぶりに友達とレディースデー料金で映画のハシゴをしてきました。

待ち合わせ場所の映画館入口に着いたら、いつも遅れてやって来る彼女がもう既に到着していた。奇跡だw…なんて言っちゃ申し訳ないけど、気合い入ってたんだろな。

1本目は「ユナイテッド93」。9.11の一連の自爆テロのうち、ハイジャックされながらも唯一目的に到達しなかった航空機の様子を、遺族や管制官の協力のもとに再現した作品です。

観る前から重い内容なのはわかっていたけれど、私は敢えて観ようと思ったし、観てよかったと思いました。

スクリーンを見つめていると、次第に自分も乗客の一員としてそこに座っているかのような気がしてきて、「私も一緒に闘わなくていいの!?何か私に出来ることはないの??」と思いながら、なにも出来ない悔しさやもどかしさで胸が一杯になりました。

運悪く、たまたまハイジャック機に乗り合わせてしまった乗客と乗務員たち。彼らの勇気と愛を讃えるとともに、どんなことがあってもテロを許してはならないと言う思いを新たにさせられた作品でした。

2本目は「パイレーツオブカリビアン/デッドマンズチェスト」。
1作目も観ずに、何の予備知識もなく観た割には楽しめました。ただ、1での人間関係がわかってないので、「え?この人、だれ?」てなところもいくらかありましたが、後でパンフ見れば何とかなるかな。

それにしても、ジョニーの海賊ははまり役だと思うけれど、あの海賊とチョコレート工場の案内人とピーターパンの作者が同一人物の演じているものとは、到底思えなく感じるのは私だけでしょうか(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年10月 »