« 昨夜のモコちゃん | トップページ | ダ・ヴィンチ・コード »

2006/05/11

エサやりテク

老女宇宙…じゃなかった(すごい変換だな…爆)、篭城中のモコちゃん
がきちんとご飯を食べられているかどうか、実はなかなか確認できな
かったんですよね。

というのも、3箇所にエサとお水をセットしているものの、モコちゃんが
出てこないで固まっている間に、食いしん坊チャーくんがモコちゃんの
分まで食べちゃうもので…(^^;


外出した後や、朝起きてカリカリ(ドライフード)の入れ物をチェックして
僅かながらに減っているのや、モコちゃんの抜け毛が器近くに落ちて
いたりエサに混じったりしていることで、「居ない間に食べたらしい」
と判断するしかない状況でした。


CDケースの裏に居たときにもそばにご飯を置いた事はあったのです
が、それには目もくれずにいました。もっとも、そこで食べるにはどう
しても人目に晒されるので、イヤだったのかもしれませんけどね。


今居る場所は、このパソコンのすぐ真裏なのだけれど、隠れている
ところを覗き込むには、物置と化したラックやイス、数々の箱や袋を
ぐるっと回り込んでいかなければならないため、人間に極めて近い
ところに居る割には、モコちゃんも落ち着いているようです。


そこで、昨日辺りからエサやり方法を少し変えてみました。
ネコ缶を
開けたら、半分はまずチャーくんに与え、がっついている隙に(笑)、
残りの半分を別の容器に入れて、モコちゃんの隠れ家からよく見える
イスの下に置いてみました。その時、モコちゃんの目が見えるので、
「モコちゃん。エサ、ここに置くからね。ちゃんと食べるんだよ。
早く食べないと、チャーくんにみ~んな食べられちゃうよw」と声を
掛けて、それからしばらくはキッチンなど、少し離れた場所にいる
ようにしました。


すると、ガサガサっと紙袋を乗り越える音や、コツンコツンと器に
首輪の鈴が当たっている音が聴こえてきました。
ヤタッ!食べてる食べてる!!作戦成功です!!!
カリカリも、チャーさんの主な食事場所には小さい器を置いておき、
モコちゃんの近くに大き目の器を置いて、2匹で食べても大丈夫な
ようにしたら、これも時々、チャーくんの爆睡中にパリポリ音がして、
食べてくれるようになりました。篭城中にご飯を食べず、高熱を出して
ぐったりしてしまうコもいるそうなので、食べたり動き回ったりしている
のが確認できて、ひとまず安心しました。


写真は、初めて見た寝室を探索中のチャーくんです。

|

« 昨夜のモコちゃん | トップページ | ダ・ヴィンチ・コード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38004/10197255

この記事へのトラックバック一覧です: エサやりテク:

« 昨夜のモコちゃん | トップページ | ダ・ヴィンチ・コード »