« 大停電の夜に〜キャンドルの灯りって優しいね〜 | トップページ | 夢バトン »

2005/12/05

驚異のAさん

hana01 先日、入院中の知人・Aさんのお見舞いに行きました。
Aさんは月曜日に8時間もの大手術を終えたばかりの年配のご婦人。集中治療室から一般病棟へ移って2〜3日後に見舞ったのですが、思いの外元気で安心しました。

元気になってくると寝てばかりいるのも退屈と見えて、待ってましたとばかりに話しまくるAさん。それをひたすら聴く私。
そのうち、突然Aさんが笑い出しました。

私「ど…どうしたの?Aさん??」
A 「いや、思い出すと可笑しくって…」

キョトンとする私に構わずAさんは続けます。

A 「こないだね、私、荷物を全部まとめて出てったのよ」
私「は?集中治療室から移動するときのこと?」


A 「いやいや…、こっちに移ってからの話よ」
私「えっ!?出てったって…病院の外へ??」


A 「そう。まだ麻酔が醒めきってなくて、ちょっとヘンだったのかもしれないけど」


Aさんの話によると、ふと目が覚めた彼女は、家に帰してもらえないことに腹を立て、ならば自力で帰るのみだと、明け方になるのを待って、行動を開始した。
ブラインド越しに外の様子を窺い、身体につけられた管を注意深く外し、しっかりキャップをした。それから、着替えや身の回りの物が入った大きなスポーツバッグとハンドバッグなど、荷物を全部持って、寝巻きのまま病室を出た。

病室は寝静まっており、ナースセンターも人が少なかったのか、無事に通過できてしまったらしい(^^;。そして、ソロソロと階段を降り、ロビーで自宅へ電話して、旦那さんに迎えに来るように言ったという。(彼女は市外の病院にいるのだけれども、どうやら地元の病院にでもいたつもりだったらしい) そのうち、なかなか来ない迎えに業を煮やし、歩いて帰ろうと道路の方へふらふら出ていったところで守衛さんらしき人に発見され、御用となって、病室へ強制送還されたのだそうな。

A 「自分でも信じられないんだけど、よくこんな荷物持って出たと思って。『火事場の馬鹿力』かしらねぇ(笑)」

Aさん…。笑い事じゃないよぅ〜(^^; あなた、開腹手術をしたばかりなんですよね?(麻酔が残っていて)痛みはなかったかもしれないけれど、傷口開いたらどうするんですか〜!?
ましてや、まだ薄暗い時間なのに、トラックに轢かれでもしたらと思うと、ぞっとしてしまいます。

この脱走劇のおかげで、Aさんの名はたちまち病院中のスタッフに知れ渡ることとなりました。そんな驚異のAさんは…私の親戚です。この人と同じ血が私にも混じってるんだと思うと…トホホ…orz

|

« 大停電の夜に〜キャンドルの灯りって優しいね〜 | トップページ | 夢バトン »

コメント

Aさん、すごすぎます・・・
私も開腹手術しましたが、麻酔が効いていて体がぜんぜん動かなかったですよー・・・

麻酔と言えば、あれはきれる頃に変な行動するんですよねぇ。
うちの父上はトイレに行きたがって、何度も起き上がるから寝かしつけるのに大変でした。

投稿: ほだか | 2005/12/05 19:59

ほだかさん、コメントありがとうございます。
お父上のときはトイレに行きたくて起き上がられたと?
ウチの母のときは、砂漠を這いずり回る夢を見たそうで、
『お水ちょうだい!お水!』って、何度もうわ言で言ってました。

そうそう。その後の調べで、Aさんはしっかり着替えを済ませ、
コートを羽織って、病院の少し先まで歩いていった事が判明!(**;)
病院の方に、
「タクシーにでも乗られた日にゃあ、全県に手配しなければ
ならなくなるとこでしたよ…(^^;」と苦笑されたそうです。
恐るべし!Aさん。


投稿: 流衣 | 2005/12/06 03:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38004/7471677

この記事へのトラックバック一覧です: 驚異のAさん:

« 大停電の夜に〜キャンドルの灯りって優しいね〜 | トップページ | 夢バトン »