« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005/11/28

大停電の夜に〜キャンドルの灯りって優しいね〜

fukuoka_023a 昨日の日曜は、某資格試験の後、映画『大停電の夜に』を品川のプリンスシネマで観てきました。

クリスマスイブの東京を襲った突然の大停電。 辺り一面が闇に包まれ、あらゆる店が閉店を余儀なくされる中、普段は気にも留められなかった手作りキャンドルの店だけが煌々と明るく、客で賑わっている。

上記は某サイトに記したレビューの一部なのですけれども、映画の序盤に登場したこのシーンが、とても強く印象に残っています。折角なので、続きもお読みいただければ幸いです。

作品中には様々な灯りが登場する。
行灯にともした灯り。テーブルに置いたろうそくの灯り。地下鉄構内の非常灯の灯り。ケータイのバックライト。満天の星明り。
中でも燃え残った蝋を集めて作った手作りキャンドルの灯りが、店主(田畑智子)の笑顔と人柄そのもののように優しく暖かくて、私はとても気に入った。ろうそくの灯りっていいものだな。
寂れたジャズ・バーに灯りをともしてゆくシーンを観たら、あまりの美しさに、おもわず、お気に入りのキャンドルを探しに出掛けたくなってしまった。

そして、灯りの数だけ、様々な愛も描かれる。
思いやり、友情、男女の愛、夫婦愛、親子の愛、人間愛、叶わなかった過去の愛、ひそかに思い続けた愛、突然舞い降りてきた愛…。

『本気で愛したら、かっこなんてつけていられない』

それぞれの愛と向き合うキャラクターたちは、どのキャラもみな、人間味にあふれている。恐らく、どなたでも、共感できるキャラクターを一人は見つけられるのではないだろうか。


レビューにもあるように、田畑智子さん演じるろうそく屋さんの店主が、とても優しく純粋で可愛らしい、素敵なキャラクターなのです。彼女がお客様にキャンドルをお渡ししたり、誰かのためにろうそくに灯りをともすとき笑顔で『あなたに素敵な事がありますように』と言うシーンは、観ているこちらまで癒され、ほわっと幸せな気分になれました。
キャンドルの灯りが、映画を観た人の心にも優しさをともしてくれる、そんな作品です。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005/11/15

ご結婚おめでとうございます

黒田さんとは生年月日が一日しか違わず、紀宮さまとは生まれた日や名前の(漢字の)読みが一般的でないところまで一緒の私としては、古くからの友人が結婚したみたいな、不思議な感動を覚えました。

皇室ファミリーのファンというわけでもないのに、皇居をお出になられた宮さまのお幸せそうな笑顔をテレビで拝見しているうちに何故か胸がいっぱいになって、思わず感涙してしまいました。(^^ゞ

宮さま、黒田さん、末永くお幸せに。

リンク: @nifty:NEWS@nifty:紀宮さまと黒田慶樹さん、ご結婚(読売新聞).

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/11/06

@nifty:NEWS@nifty:歌手・女優の本田美奈子さん死去

リンク: @nifty:NEWS@nifty:歌手・女優の本田美奈子さん死去(読売新聞).
ショックです。本田美奈子さんの歌が、もう生で聴けないなんて…。
数年前、会社の同僚と生まれて初めて行ったミュージカルレ・ミゼラブルでコゼット役だった彼女の歌声に圧倒されて、今年、もう一度その歌を聴きたいと劇場に足を運んだ。
けれど、そのときにはもう彼女は療養中で、願いは叶わなかった。

もっともっと歌いたかっただろうに、もっともっと生きたかっただろうに、
神様は酷な事をなさる。
それとも、若くして才能を開花させた人には、この世での修行期間が短縮される措置でもあるのだろうか…。

美奈子さん、やすらかに。
そしていつの日か歌うために、またこの世に生まれてきてね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »