« 記憶の話 | トップページ | 20数年の時の流れなんて… »

2005/09/23

NANA−ナナ−

img_wp1a久しぶりに映画ネタです。
先月の姑獲鳥の夏以降、亡国のイージスヒトラー 最期の12日間容疑者 室井慎次マザー・テレサ、そしてNANA-ナナ-と、5本ほど映画館で観て来ました。

洋画は偶然にも実在の人物を題材にした対照的な2作品を観た訳ですけれど、やはり独裁者よりは、慈悲の精神を貫いた女性の物語の方が観てよかったと思える内容でした。しかし、どちらも大作ですが、この2作品よりは、邦画の方が面白かったです。

中でも今回取り上げたNANA-ナナ-は、イージスや室井ほどスケールの大きいものではないけれど、監督も俳優もスタッフもみんなが原作の雰囲気を大切にし、登場人物の一人一人がとても活き活きとした好感の持てる作品でした。本当は原作のコミックスを全巻読んでから観たかったのですが間に合わず、観終わった帰り道にプレミアムファンブックの『7・8巻』を含む全14冊をまとめ買いして、今、せっせと読んでいます(^^ゞ

読みながら思いましたが、中島美嘉のナナは、元々彼女をモデルに描かれたのではないかと思うほどハマリ役ですね。歌唱力には定評のある彼女だけれど、ナナがケータイをマイク代わりにテーブルに上って新曲を歌うシーンや、東京に進出してきて初めてのライブのシーンなど、観客を釘付けにする強烈なカリスマ性を感じて、一気にこの作品に引き込まれてしまいました。

また、この作品には主に2つのバンドが出てきますけれど、どちらのバンドのライブシーンもとても迫力がありました。自分もバンドをやっているのですが、楽器をやる人間が見ても、一瞬、本当に弾いているように見えました。(笑)パンフによれば、やはり映像と音声は別々に収録されたとのことですけれど、初心者レベルから猛練習して、実際に弾きながら撮ってもよかったんじゃないかというところにまで達したと言うから驚きです!これから観る人、あるいはDVDになったら観ようと言う人は、ぜひ、ライブシーンに注目してほしいと思います。来年秋の続編が楽しみです!

|

« 記憶の話 | トップページ | 20数年の時の流れなんて… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38004/6072815

この記事へのトラックバック一覧です: NANA−ナナ−:

« 記憶の話 | トップページ | 20数年の時の流れなんて… »