« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005/08/30

災い転じて…

Pasuta今朝は宅配便業者さんの呼び鈴で目が覚めた。ダンナに『行ってらっしゃい』を布団の中から言ったのは覚えているのだけれど(笑)、不覚にも“二度寝”してしまったらしい。
飛び起きて時計を見て愕然とした。10時10分を回っている!
11時に美容院を予約していて、10時19分最寄り駅発の電車に乗るつもりでいたのだ。
荷物を受け取って、慌てて顔を洗い、普段の数十倍位の猛スピードで支度をして、とにかく乗れる電車に乗って美容院へ急いだ。今日初めて行く美容院だって言うのに、よりによってこんな日に寝坊するとは、なんてことだ…。

でも、宅配便のおっちゃんが来なかったら到底起きやしなかったと思うので、おっちゃんには感謝状を進呈したいくらい感謝している。途中で美容院に電話を入れたが、幸い乗継が良かったせいか、15分ほどの遅刻で済み、やれやれといったところ。

無事にカラーリングとカットをしてもらって、気分爽快。普段、自己否定感が強くて一人で行動することに自信が持てない上に、注文の品が出てくるまでの間が耐えられなくて、滅多に『お一人様』で飲食店に入ることはないのだが、美容院に行ったばかりで普段よりかは幾分キレイになっているのではないかという自意識過剰気味な自信から(^^;、珍しく一人でランチをとって帰ることにした。

それでもつい、普段行き慣れたお店を選んでしまう小心者の私(笑)。
手持ち無沙汰なため、携帯電話でメールチェックなどしていると、思いの外早く前菜が出てきたので、少しほっとしながら早速いただく。
そして、前菜を食べ終わってほどなく、メインのパスタが出てきた。
食べ始めて少しすると、店員のおねーさんがお詫びにやってきた。注文したパスタは『南瓜とモッツァレラチーズのトマトソーススパゲッティー』。何の疑問も感じずにパクついていたのだが、おねーさん曰く、モッツァレラを入れ忘れたらしい。「お作り直しさせていただきます」と言って下さったけれど、待っているのもしんどいし、そのままでも十分に美味しかったので、お断りして食べ続けた。

すると、食べ終わった頃を見計らって、「ほんの気持ちですが…」と、お詫びにデザートを出してくれた。
さらに、厨房の奥からシェフが出てきて、何度も何度も頭を下げて詫びて下さった。
お店にしてみれば手違いの品を出してしまったのだから詫びるのは当然なのかもしれないけれど、こちらは美味しいパスタをいただいた上にデザートまでサービスしてもらって非常に満足しているので、頭を下げさせるのが申し訳なく、謝り捲くるシェフが気の毒でならなかった。サービスでいただいたムースは、程よい甘さでとても美味だった。間違えられて得をするという、何とも複雑な午後のひと時であった。
寝坊のために、お初の美容院に遅刻して少々体裁悪かったことも、この嬉しいトラブルで帳消し。
雨が降らないうちに帰宅できたのもラッキー。おまけに今夜はダンナは飲み会でご飯作らなくていいから、更にラッキー(笑)。こんな小さなことで喜べるって、つくづく平和だなぁ。

※写真と本文中のメニューとはまったくの別物です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »