« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005/07/28

姑獲鳥の夏

P050728_0329(ネタバレ注意!)古本屋の店主で、陰陽師・安倍晴明ゆかりの神社の神主で、憑物落とし。そんな3つの顔を持つ京極堂こと中善寺明彦と、他人の記憶が見えるという特殊能力を持つ探偵・榎木津礼二郎。この存在感溢れる2大キャラが素晴らしい。

予告編のおどろおどろしい雰囲気から、どうしても横溝正史の金田一シリーズと比べてしまうのだが、同じように呪われた家系の美女の犯罪を扱っていても、近親者との不貞などストレートな性描写が出てくる横溝作品とは対照的に、それらの要素を含みながらもストレートな表現が一切ないなど、切り口は随分異なっている。

でも、下品なたとえで恐縮だが、下着が見えそうな超ミニスカートで大っぴらに素足を見せられるよりも、ロングスカートの深いスリットから時折ちらちらと素足が覗く方が断然エロティックなように、大胆な濡れ場を見せられるよりも、「遊びましょう」と誘う美女の怪しく微笑んだ口元を見せられる方が、想像力を刺激される分、はるかにエロティックな気がする。

もっとも、こういう手法をとれば、清らかなイメージの女優さんをむやみに脱がせる必要もないし、陳腐なサービスカットで作品の質を落すこともない。(金田一シリーズが陳腐だと言っているわけではない。あのシリーズのどろどろ感を出すには、濡れ場は不可欠だろうから)

主役のキャラクターにもかなり差が見られる。フケだらけのぼさぼさ頭をバリバリと掻きむしり、推理に煮詰まれば逆立ちをして勘を働かせ、犯人の美女に惚れられる独身男の金田一に対して、古本屋と神主と憑き物落としの顔を持つ京極堂は、一見クールな妻帯者。探偵ではないが、博学な知識と憑き物落としで事件の真相に迫ってゆく。友人に仏舎利(釈迦の骨)と称して骨壷入りの干菓子を勧めるような、冗談交じりの飄々とした態度に、只者ではない雰囲気を感じさせている。(このシーン、思わずにやりとしてしまったが、骨壷入りの干菓子の味はいかがなものか、気になって仕方がない。心なしかカルシウムっぽい味だったりして…笑)

それにしても、作品中の場面のほとんどはセットだというが、あの眩暈坂までもがそうだというから恐れ入った。
その坂を上りきった所にある京極堂のセットも、蔵を改造して作った店舗兼住宅で味わいがある。
そして、ミステリーに不可欠な猫。黒い背中に足袋をはかせたような足元とペンギンのように白いお腹のザクロが墓場の塀で一声鳴き、憑き物落としの鈴がちりんとなれば、『不思議なものなど何もないはずの不思議ワールド』へたちまち引きずり込まれてゆく。シリーズ化されたら、ぜひまた映画館に足を運びたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/23

フジ子・ヘミングの『皇帝』

zakka120_27/17(日)サントリーホールで行われたフジ子・ヘミング&ブダペストコンサートオーケストラのコンサートへ行ってきました。
彼女のピアノを、一度は生で聴いてみたいと思っていましたので、このコンサートをとても楽しみにしていました。
しかもこの日はオール・ベートーヴェンプログラム。ベートーヴェンの曲は大好きなので、より一層期待が膨らみました。
『ショパンとリストを弾くために生まれてきた』と絶賛される彼女なので『ラ・カンパネラ』も楽しみではありましたが、それ以上に、(一時は両耳の聴力を失っていた)耳の不自由な彼女が、同じ耳の不自由だった楽聖の曲をどう解釈するのかに興味がありました。

楽聖と同じ境遇を体験したことのある彼女の『皇帝』は、私がそれまで聴いたことのあるものとはまったく違って、派手な感じではなく、意外にもまろやかな音で始まりました。私はこの曲を語りつくせるほどクラシックに詳しくはないので、感じたままの感想しか書けませんが、なんとなく、第1楽章は即位したばかりのまだ幼さの残る若い皇帝を、第2楽章は憂える皇帝を、そして第3楽章は人々に讃えられ燦然と輝く真の皇帝を表しているような、そんなストーリーが見えたような気がしました。

難度の高いリストやショパンを得意としていらっしゃるだけあって、細かい音符のスケール(音階)も流麗にこなされ、やわらかなピアニシモから迫力のあるフォルテシモまで、ピアノの魅力をあらためて感じさせてくれるような演奏でした。

独奏の『ラ・カンパネラ』の前に、プログラムになかった『ハンガリー舞曲第5番』を演奏してくれて嬉しかったです。いつまでも拍手の鳴り止まない観客席に、茶目っ気たっぷりの投げキッスで返してくれたフジ子さん。
今度はお得意のショパンを聴かせていただきに、ぜひまたコンサートへ行ってみたいと思います。
※Photo by “be-sweet-on”

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/21

四日間の奇跡

4day02封切直前に、吉岡秀隆さんが楽譜も読めないのに『月光ソナタ』を自ら弾いたというのを知って、より一層楽しみにして観に行きました。個人的に真理子の過去と被る部分があって、特別深く共感してしまい、回想シーンは泣きっぱなしでしたが、観終わって優しい気持ちになれる映画だと思いました。

それと、私はベートーヴェンの『月光』が大好きなので、この曲が物語に重要な存在として使われたことがとても嬉しかったです。ちなみに、私がかろうじて弾けるのは第2楽章までで、吉岡さんも弾いているのは第1楽章だけですが、やはり第3楽章は難しいので、ちっとやそっとじゃ弾けません。それゆえに映画では第1楽章が使われていますが、本当は第3楽章じゃないと『月光』を使う意味はないと思います。

というのも、原作の中で如月敬輔が心から弾きたいと願うのは月光の第3楽章だからです。第1楽章のゆったりした旋律とは対照的に、細かい音符の、音程の入り組んだ複雑なスケール(音階)をものすごい速さで弾かなければいけないものなので、薬指を銃に吹き飛ばされてしまった彼が、元通り、自由自在に指を操りたいという気持ちの象徴として、原作者はこの第3楽章を取り上げたのでしょう。

しかし、第1楽章はとても幻想的な旋律なので、『奇跡』のイメージにはとてもよく合っていましたし、知名度も高く、なによりも役者さん本人が弾くことができましたから、第3楽章を吹き替えでやるよりも良かったと思います。
吉岡さんの演奏は本当に素晴らしかったです。「当分、鍵盤見たくない(苦笑)」というお言葉から、相当弾き込んだご様子が伺えますね。
************************************************

漫画と原作は観終わった後で読みました。(原作はまだ読みきっておらず)
真理子が、残された4日間で過去を振り返り、自分の気持ちとちゃんと向き合って、自分の運命をしっかりと受け入れてゆく姿を演じるのはとても難しいですが、石田ゆり子さんと尾高杏奈さんは、たしかな演技力でこれを見事に演じきっていました。

傷ついた経験のある人は他人に優しくなれる』…真理子の、まるでマリア様のような慈悲に満ちた優しさと凛とした態度は、過去の悲しみを乗り越えた強さ(傷は完全に癒えてはいなかったけど)から来ているのですが、石田ゆり子さんははまり役だと思います。尾高さんの千織と真理子の演じわけも実に素晴らしい!将来有望な女優さんとして注目してゆきたいです。

映像に関しては、角島の風景がとても美しく、セットの教会もマッチしていてよかったです。特に奇跡のシーン。灯台の光が教会のステンドグラスから差し込んで七色に光ったのがなんとも神々しくて、効果的でした。全体的に原作の雰囲気には忠実だけれども、ところどころは観る人の捉え方にゆだねられていました。特にラスト。教会のステンドグラスの文字と、真理子と敬輔と千織が手をつないで教会へ向かう姿に、「これは敬輔が千織と真理子を思って寄贈したステンドグラス??」それとも「本当のパパとママが生前に贈ったもの?」と、少々混乱しました。(原作や漫画をみて、後者の方が正しいらしいのはわかりましたが)
けれど、観る人次第な演出の投げかけは映画らしいので、これはこれで私は許せますが、白黒はっきりさせたい人には、少々納得行かない部分のある映画かもしれませんね。お薦めBOOKSにあげておきながらこの映画の話題を取り上げていなかったので、公開は終わっちゃったようですが、書かせていただきました(^^; 。

余談ですが…どこかで「瀬戸の花嫁」に違和感をもったというコメントを見ましたけど、一昔前の田舎の結婚式らしくて、私は良かったと思いました。老舗旅館の長男坊の披露宴ということで、親戚やら地元の有力者やら集めて延々と飲めや歌えや、主役そっちのけで大騒ぎ。地域によっては延々と三日三晩続くと聴いたこともありますので、そんな様子をとてもよく再現していたのではないでしょうか。

◇公式ページ◇ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

逆境ナイン

gk9_csm_s(※ネタバレ注意!)野球漫画が好きで、主題歌の夢をあきらめないでを歌っている岡村孝子のファンであるダンナに付き合って観てきました。
予告編の段階で、少林サッカーやカンフーハッスル風な「ありえねー系お馬鹿映画」(爆)だということはわかってましたから、ヘンに突っ込みも入れず、漫画を読む感覚で楽しめました。
なんで今頃ラジオを…」というさりげないツッコミが気に入りました。(笑)

しかし、いくら『透明ランナー制』でも、112対0を逆転させるのはありえなさ過ぎる。(爆)
それと、こういうお馬鹿なことを実写でやるには手間も時間も経費も相当掛かっただろうけれど、予告編や公式サイトでネタバレし過ぎ。折角の『自業自得』や『それはそれ!これはこれ!』の馬鹿馬鹿しさが薄れちゃった気がする。予告編で初めてあの『自業自得』の石碑を観たときの可笑しさが、本編では「あー。あれ、ここで出てくるのか」と、納得しただけで終わっちゃった。まあ、くすっとは笑えたけどもね。
何だか、すごくもったいない気がして、そこがちょっと残念でした。
(公式サイトは要Flash Player。音量注意)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/19

E.T.と宇宙戦争、そしてプライベート・ライアン

wow6(※ネタバレあり。ご注意下さい!先週の日曜日に観た2本目の映画はスピルバーグ監督の最新作「宇宙戦争」でした。この映画が「E.T.」とは対照的な作品であることは知っていましたが、それでもあえて観てみました。

私は高校生の頃に「E.T.」を映画館で2度観ています。数年前に一部修正や未公開シーンを入れた20周年記念版が公開されたときも、まだ観たことがないという主人を引っ張って観に行きました。

地球に植物採集にやってきて、一人取り残されてしまった科学者のE.T.(異星人)と、彼をかくまい、交流を深める少年エリオットとの心温まる物語は、20年経ってもなお感動の涙を誘い、純粋な子供の心を思い出させてくれました。M&M'sのマーブルチョコでE.T.を誘い出すシーンや、E.T.がお母さんから隠れてクローゼットのぬいぐるみと同化しているシーン、冷蔵庫のビールを飲んで千鳥足になるシーンは楽しくて大好きです。ET

でも、一番好きなのは、やはりあの空を飛ぶシーン。「ああ、だめだ。もう捕まってしまう!」そう思った瞬間に、ふわっと自転車が舞い上がり、青白く大きな月をバックに大空を飛んでゆくあのシーンに、私は泣けてしまうのです。
それまでは子供たちが必死でE.T.を守りますが、自分をかくまっているために共に追われている子供たちを、このとき初めてE.T.は超能力を使って守るのです。しかも、決して大人を攻撃しない。最初はグロテスクに思えるE.T.の容姿が、話が進むにつれてどんどん愛らしく思えてくるのも、この異星人が愛情深くてユーモラスな性格だからなのですよね。
*********************************************

そんな優しい異星人の映画を作ったスピルバーグ監督が、なんでまたこんな世にも恐ろしい残虐な異星人の映画を撮ったのか…。ワイドショーでの監督のコメントを要約すると「優しい異星人の映画はE.T.を撮った事で満足したからもう良い。今度は観客を怖がらせるものを撮りたかったんだ」…というようなものでした。たしかに、怖いです。おもいきり残虐です。標的を一瞬にして灰にしてしまうレーザー光線をあびせまくり、破壊の限りを尽くし、生け捕りにした人間は串刺しにして血を抜きとる。Jura01
廃屋をくまなく探し回る様は、ジュラシックパークで厨房に逃げた子供たちを追い詰めるシーンを髣髴とさせて、震えて歯がガチガチと鳴りそうに怖かったです。悔しいけれど、監督の思惑通りに反応してしまいました(^^;

でも、異星人よりも怖かったのは、極限まで追い詰められた人間の心理です。
最初は、近所の住人や友人・知人も助けようとしていたのが、家族を救うために殺人まで犯すようになる。
非常に悲しいけれど、結局最後はみんな自分が可愛い。自分のことしか考えなくなる。

私は観終わった当初、監督に裏切られたような、非常に悲しい気持ちでした。
「あんなに優しい異星人を描いたあなたが、なんでこんな残酷なものを見せるの!?」
そんな思いで一杯でした。でも、この監督が意味もなく怖がるだけの映画を撮るかな…。

PBL01
釈然とせず、何日か考えて思いました。監督は「プライベート・ライアン」のような戦争映画も撮っていますよね。これは非常に評価の高い映画で、私も映画館で観ました(しかも2度目のデートで!)。冒頭30分の激しい戦闘のあと、スクリーン一杯に広がる無残な光景。そして、たった一人の名もない兵士を生還させろという思い切り私情を挟んだ命令のために、何人もの命が犠牲になってゆく理不尽さ。観終わった後の重苦しさは私には耐え難く、もう一度観るにはかなり勇気のいる作品。ですが、私はこれを観ておいて良かったと思います。
この作品で、あの凄惨な戦いの後のシーンをまざまざと見せつけられたからこそ、戦争の悲惨さのイメージをリアルに感じることが出来たし、戦争を憎む気持ちを強めることが出来たのだと私は思うのです。
**********************************************

「プライベート・ライアン」が戦いの無意味さや悲惨さを感じさせるためにあえて惨さを強調したものであったなら、もしかすると「宇宙戦争」にも、自分たちの手で地球(自然)を破壊している人類への警告的なメッセージが込められているのかもしれません。動物や子供たちを虐待し、自然を荒らし、地球上で自分たち人間が一番偉いのだと天狗になっている人類に「そんなに調子に乗っていると、いつかしっぺ返しを食らうぞ(奴らのような者が来て天罰を下すぞ)」と。

最後の最後、微生物という太古の昔から存在する地球上の命の源であるものが地球を救うという設定は、あれほど高度な文明を持つ異星人が微生物のことまで知り得なかったはずはないんじゃないかと少々腑に落ちないけれど、どんな悲惨な映画にも、最後わずかに救いを入れるスピルバーグ監督らしさだと思えば、受け入れることが出来ました。

ちょっとやなもん観ちゃったな、という思いが残っていたので、こうして分析することで自分なりにオチをつけられてほっとしています。まあ、でも、いくら流行っているからといって、死の悼みを感じられないような子が安易に観たり、気が進まないのに無理をしてまで観たりすることはお薦めできないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/07/17

星になった少年

zou01昨日、映画「星になった少年」を観てきました。柳樂優弥くんの象遣いぶりは素晴らしく、ベテラン脇役陣の手堅い演技がそれを支えて作品を盛り上げ、よかったです。
タイの象遣い学校で小象と心を通わせてゆく様子はとても感動的で、彼が星になるところ以上に泣けました。
でも、柳樂くんの演技もさることながら、ゾウさんたちの優秀なことといったらありません。そして、ゾウさんの瞳。なんて優しく可愛らしいのでしょう。なんだか久しぶりに動物園に行ってゾウさんと戯れたくなりました。

象のお話といえば、きっとあの話が出てくるのではないかと思っていましたが、案の定劇中に登場しましたね。「かわいそうな象」のお話。小学校の教科書にも載り、「象のいない動物園」というアニメーションにもなっている、戦争の犠牲になった悲しい象の物語です。以前、HPにも書いたことがありましたけれど、終戦記念日の頃になるとテレビでこのお話を放送することが多く、観るとはなしに観てしまうのですが、私はこの物語に接すると、必ず泣いてしまうのです。飼育係のおじさんが泣きながら象の死を動物園中に報告して回る場面では、もう堪らず号泣してしまいます。今回出てきたのがそのシーンでなくてよかったです。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/07/16

FLY,DADDY,FLY

fly_daddy01
 先週の日曜は、前日に引き続き映画を観に行きました。
先月から今月にかけては、観たい作品が目白押しなので、この日は2本ハシゴです。

まず、1本目はFLY,DADDY,FLY
私の好きな俳優さんの一人である堤真一さんとV6の岡田准一さんが主演のこの映画は、怪我を負わされた娘の敵討ちを決意して高校生に特訓を受ける平凡なサラリーマン・鈴木さんと、彼を鍛える高校生・朴舜臣と仲間たちのサクセスストーリーという、非常にシンプルな作品です。

でも、『おっさん』と高校生が深い心の絆で結ばれてゆく姿や、日に日に強くなってゆくサラリーマン(鈴木さん)の背中にいつしか若くて頑張っていた頃の自分を投影させるおじさんたちの姿など、感動的な場面が沢山ちりばめられています。

また、鈴木さんを鍛える高校生たちのアイディアは若者ならではの奇想天外なもので、おもわず笑ってしまうのですが、それを必死にこなし、鍛えられてゆく鈴木さんを見ていると、おもわず拳を握り締めて「頑張れ〜っ!」と叫びたいような衝動に駆られずにはおれません。

堤さんは最近では映画「ローレライ」ドラマ「恋におちたら」などに出演していましたが、ドラマ「やまとなでしこ」「恋のチカラ」での、不器用なところのある男性の役がいいなぁ。(笑)彼が気になりだしたのはドラマ「ピュア」からでした。
そういえば、「恋におちたら」で和久井映見さんと恋人同士の役を演じている彼ですが、この「ピュア」でも心を通わせ合う役だったのですよね。本日から公開される映画「姑獲鳥の夏」も楽しみです。

もう一人の主役である岡田准一さん。彼もドラマで活躍していたのですが、なぜかあまり見ていなかったものが多いので、偉そうに語れないや。(^^ゞドラマ 「木更津キャッツアイ」「タイガー&ドラゴン」が代表作かと思いますが、観てませんでした。私が覚えてるのは「恋愛偏差値」「おやじぃ」辺りかな。
黒木瞳さんと競演した映画「東京タワー」を観損なったのは残念でした。劇場で観たかったのですが…。DVD買おうか、CSなどでやるのを待つか…悩みどころです。

岡田さんというと、私はどうも木曜夜の「VVV6」で連敗している姿を思い出してしまうのですが(笑)、この映画の彼は、ものすごくかっこいいです。高校生なのに無茶苦茶強くて、妙に落ち着いていて、でもふと見せる寂しそうな姿はやっぱり子供で…。そんな彼が舞う勝利の『鷹の舞』は彼のオリジナルだそうですが、とても象徴的な舞で、素晴らしいです。ぜひ、映画館の大きなスクリーンでご覧になって下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2005/07/12

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐

SW3a土曜日、念願のスター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐を観に行って参りました。小6か中1の時に、書店を営んでいた親戚からエピソード4の原作本をお年玉代わりにもらったのがきっかけで、この壮大な物語の虜になってしまった私にとって、この作品の完結は大変待ち遠しいものでした。でも、それと同時に、これで最後なのかと思うと、少し寂しい気分でもありました。

しかし、あのお馴染みのオープニングテーマが流れ、銀河の彼方へゆっくりと遠ざかりながら消え去ってゆく独特のプロットの文字が画面に出現した途端、やはり寂しさよりも期待で一杯になってしまいました。どのエピソードにも共通するこのオープニングの場面は、さながらオペラの序曲のようだと、毎度のことながら思います。

観終わった感想は、大満足でした。
大方の観客は旧3部作(スター・ウォーズ・トリロジー)を観て未来に何が待っているのかを知っているため、このエピソード3の結末もわかっています。けれど、結末を知りながらも感動してしまうのは、そこに至る悲しい理由を目の当たりにするからでしょう。

ジョージ・ルーカス監督はスター・ウォーズ全6作品を作るに当たって、世界中のあらゆる伝説や神話を研究したと聞きましたが、妻を愛するがゆえにダークサイドへと身を投じてゆくアナキンの姿には、古(いにしえ)から伝わる物語や神話に出てくる人間の弱さ・愚かさが見事に描かれていました。

スター・ウォーズを1度も観たことのない友人は「ロボットものは、どうも苦手で…」と言います。たしかに、たくさんのドロイド(ロボット)やエイリアンは出てくるけれど、でも、それらは脇役でしかありません。今度会ったら、私は彼女に言うでしょう。この物語は「選ばれし者」となった男の親子2代に渡る壮大な人間ドラマなのだと。

この作品を観終わった後、無性にエピソード4・5・6が観たくなりました。3を観る前にDVDで1・2を観て、3を観終わったらまたDVDで一気に4・5・6を観たら、物語の全体が事細かに理解できるでしょうね。エピソード3。予告編を含めて2時間45分、堪能させていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »