« 幸せのおすそ分け | トップページ | FLY,DADDY,FLY »

2005/07/12

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐

SW3a土曜日、念願のスター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐を観に行って参りました。小6か中1の時に、書店を営んでいた親戚からエピソード4の原作本をお年玉代わりにもらったのがきっかけで、この壮大な物語の虜になってしまった私にとって、この作品の完結は大変待ち遠しいものでした。でも、それと同時に、これで最後なのかと思うと、少し寂しい気分でもありました。

しかし、あのお馴染みのオープニングテーマが流れ、銀河の彼方へゆっくりと遠ざかりながら消え去ってゆく独特のプロットの文字が画面に出現した途端、やはり寂しさよりも期待で一杯になってしまいました。どのエピソードにも共通するこのオープニングの場面は、さながらオペラの序曲のようだと、毎度のことながら思います。

観終わった感想は、大満足でした。
大方の観客は旧3部作(スター・ウォーズ・トリロジー)を観て未来に何が待っているのかを知っているため、このエピソード3の結末もわかっています。けれど、結末を知りながらも感動してしまうのは、そこに至る悲しい理由を目の当たりにするからでしょう。

ジョージ・ルーカス監督はスター・ウォーズ全6作品を作るに当たって、世界中のあらゆる伝説や神話を研究したと聞きましたが、妻を愛するがゆえにダークサイドへと身を投じてゆくアナキンの姿には、古(いにしえ)から伝わる物語や神話に出てくる人間の弱さ・愚かさが見事に描かれていました。

スター・ウォーズを1度も観たことのない友人は「ロボットものは、どうも苦手で…」と言います。たしかに、たくさんのドロイド(ロボット)やエイリアンは出てくるけれど、でも、それらは脇役でしかありません。今度会ったら、私は彼女に言うでしょう。この物語は「選ばれし者」となった男の親子2代に渡る壮大な人間ドラマなのだと。

この作品を観終わった後、無性にエピソード4・5・6が観たくなりました。3を観る前にDVDで1・2を観て、3を観終わったらまたDVDで一気に4・5・6を観たら、物語の全体が事細かに理解できるでしょうね。エピソード3。予告編を含めて2時間45分、堪能させていただきました。

|

« 幸せのおすそ分け | トップページ | FLY,DADDY,FLY »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38004/4936983

この記事へのトラックバック一覧です: スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐:

« 幸せのおすそ分け | トップページ | FLY,DADDY,FLY »