« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005/06/30

幸せのおすそ分け

ribon01
 昨日は友人と久しぶりに会う約束をしていたので、小雨が降ったり止んだりのイマイチなお天気の中、珍しく外出して来ました。
普段、ほとんどヒッキーな生活を送っている私は、雨が降っているといえば出ないし(別に水に濡れて溶ける訳でもないんだけど…笑)
風が吹いているといえば、やはり出ないのですが(コンタクトがゴロゴロして、目を開いていられないので)。

ところで、昨日会った友人は、実は最近入籍を果たしたばかりの新婚ほやほやの奥様
ランチの約束をした頃には、そんなこと一言も聴いていなかったのだけれど、1週間ほど前に彼女のブログを尋ねたら、なんと、その前日に入籍したとの報告があって、ひゃぁ!びっくり!!

それを彼女に伝えたら、
「私も、びっくり!(笑)」
と笑っていました。

その笑顔がとってもきれいで、とっても嬉しそうで、こちらも自然に笑みがこぼれます。
幸せいっぱいの人には、その場にいるだけで周りの人をも幸せにするパワーがあるのですね。
彼女からあふれんばかりのプラスのエネルギーをいただいて、出掛ける時より数十倍元気になって帰ってきた私なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/27

電車くん、頑張れ!

昨日はダンナと映画電車男を観てきました。
先週の戦国自衛隊1549に続き、2週連続で日曜日を映画館で過ごしました。
女性同士ならば水曜のレディースデーに1,000円で観られてお得なのですけれど、夫婦で行くとなると、毎月1日の映画の日がたまたま土日祝にあたったときに行くか、あるいは前売り券を買っておくかレイトショーで観るしか安く観る手段はないと思っていました。でも、クレジットカード提示による割引という手があったのですね。レディースデーにはかないませんでしたが、それでも300円ずつ値引きしてもらえたので、ジュース代くらいは浮きましたよ(^^ゞ。

あ。ちなみに割引を使ったのは先週でした。今回は事前にネット予約して行ったので、まるまる大人料金。ちょっと痛いけど、どうしても並ばずに良い席で観たいときは、ネット予約に限ります。

電車男は、春先に本を買ってきて読みました。
実は、本を買う少し前まで、私は大きな勘違いをしておりまして…電車男というのは、いわゆるてっちゃん(鉄道マニアの男たち)のことだとばかり思っていたのです(笑)。
それに、実話ではなくて小説だと、ずっと信じていました。だから、ページをめくってびっくりしました。だって、そこにあったのは、2ちゃんねるの画面そのままのページだったのですから。

その2ちゃんねる独特の世界を、いったい映画でどのように表現するのだろうか。
あまり期待していったら、がっかりしてしまうかな…?

そんなことを考えながら観に行ったのですが、結果は、大満足でした。
これからご覧になる方もいらっしゃると思うので、あらすじは伏せておきますが、私、不覚にも泣いてしまいました(笑)。まっすぐな電車くんに思わずもらい泣き!

でもね、電車くんにも感動しましたけど、お相手のエルメスたんにかなり感情移入しちゃったんですよねえ。というのも、ダンナとの初デートは、何を隠そう、御茶ノ水・神保町・秋葉原コースでしたし(笑)。いえ、決してダンナが“アキバちゃん”だった訳ではないのですけどね(爆)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »