« 2004年12月 | トップページ | 2005年4月 »

2005/03/24

流浪の民(2)〜なつかしの梅ヶ丘〜

Hashioki01世の中には生まれてこの方一度も引越しを経験しない人もいれば、私のように十回以上も引越しをした人間もいます。父親の仕事の関係で、赤ん坊の頃から何度も引越しを経験した私ですが、三つ子の魂百までの諺(ことわざ)どおり、大人になってからも数度の引越しをしました。そんな各地を転々とした自分や同じ境遇の人を、私は愛着を込めて“流浪の民”と呼んでおります(笑)。

短大を卒業して、専門学校に通うために上京した私が最初に住んだ街。それが梅ヶ丘です。急行は停まらないけれど、新宿へも渋谷へも15分ほどで出られるし、下北沢も近くて、とても住みやすい街でした。駅の反対側には羽根木公園という梅の名所があって、天気のよい日に散歩するのには絶好の場所…だったのですが、数えるくらいしか行ったことがありませんでした(^^ゞ今にして思えばとてももったいなく思うのですけれど、それは年齢を重ねた今だからこそ、そう思えるのかもしれません。

アパートの近くには高校がありました。そのため、休みの日に遅くまで寝ていると、しばしば運動部の女生徒たちの軽やかな足音と掛け声に優しく起こされたものです。しかし、尚もウトウトしていると、やがてドスドスと重たい足音とともに、「こぉ〜くしかぁ〜ん!ファイッ!ファイッ!ファイッ!!」という、おもいきりむさ苦しい体育会系の男子学生たちの低音が響き渡り、おちおち寝てなどいられなくなるのでした。もう、かれこれ20年近く前の話です(^^; 写真は、下北沢の雑貨屋さんで購入した、今も尚愛用している猫のデザインの箸置きです。数度の流浪生活にもめげず、健在です(笑)。

この街に住んで間もない頃、非常に手痛い失恋を経験しました。自分で言うのもナンですが、田舎から出てきた世間知らずのお嬢だったもので…(爆)。でも、立ち直りも早かったですよ。何かに没頭すれば失恋の傷なんてすぐ忘れるだろうと思い、本屋に行きました。そこでPlayerという音楽雑誌に手を伸ばしたことが、その後の人生を左右することになろうとは、そのときは思いもしませんでした。この辺りの話は、また後日あらためて…(^-^)/~~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/03/22

自分自身の癒し方VOL.2

garbera01
土曜日にミュージカル“レ・ミゼラブル”を観てきました。7〜8年前にも観たことがあったのですけれど、3時間の人間ドラマは、登場人物の一人一人がみな主役のような、素晴らしい生き様を見せてくれる、感動一杯のステージでした。

日曜日には映画“ローレライ”を観ました。こちらは軍隊が舞台の映画のため、出演者のほとんどが男性でしたけれど、どのキャラクターも魅力に溢れ、共感を誘いました。また、思いやりや人を信じる気持ちの大切さを強く感じる作品でした。

ミュージカルにしろ映画にしろ、見終わった後に自分が最も共感した役や場面を振り返る…これって、とてもよいセラピーになるんですよね。共感できるってことは、考え方や行動が自分と似ていたり、自分の中に似たような感情があったりするわけです。実際に似たような体験をしていなくても、自分だったらこうするんじゃないか、なんて思ったりする。キャラクターに自分を投影して、自分自身を客観視しているうちに、自分のコミュニケーションのとり方のクセなどが見えてきます。ミュージカルや映画だけでなく、テレビのドラマでも、バラエティー番組の出演者でもそうです。例えば、私は“あいのり”が好きなんですけど、あの番組に登場する女の子たちを観ていて、よく涙します。他人と上手く付き合えなくてわざと嫌われるような行動をとっている子が、仲間から叱咤激励されるシーンなんて、まるで自分を見ているようで、ティッシュの箱抱えて観てました(^^; きつく叱られるより、優しい言葉を掛けられる方が泣けちゃうんですよ。「あ、同じだ…」って思ったら、涙が止まりませんでした。それと同時に、「もしかしたら、自分も同じ様な行動をとって周りに迷惑かけたかもしれない」なんて、ちょっとした気づきを得ることも出来ました。
共感出来るキャラクターやシーンを探すこの方法。自分を客観視するのにとても有効です。是非、お試し下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/17

自分自身の癒し方VOL.1

P050314_1455
11月以来の更新です。サイト名もデザインも変更して心機一転再スタートしましたので、これからまたよろしくね…って、読んでくれてるヒトいるのかなぁ(^^; 自分のHPやバンドのページの日記など書くところが複数あるので何処で何を書くか迷いますけど、まあ、ジャンルにこだわらず、気ままにやっていこうと思います(^^ゞ
*********************
さて、本題に入りましょう。“自分自身の癒し方”…人それぞれ、様々な方法があると思いますけれど、私が最近試しているのは、自分自身のために花を買うこと。今までにライブや誕生日にお花をいただいたことはありますが、自分自身のために切花を買って飾ったことは、あまり経験がありませんでした。昨年の11月頃にもお花をいただいたのですけれど、何となく、花が絶えてしまうのが寂しくて、自分で花を買い足したのです。それがきっかけになって、外出先でフラワーショップを見かける度に、自分のために花を買うようになりました。出来合いの小さな花束を買うこともあれば、そのとき最も気になった花を1〜2種類数本ずつ買うこともあります。昔は切花ってあまり日持ちがしなかったけれど、今はお花の延命剤(栄養剤)があって、それをお水に入れてやると、新鮮な切花なら1週間から10日位(時には2週間近く)元気に咲いていてくれます。ダンナはそれをみて「ドーピングだ」と笑いますが、いいんです!少しでも長く元気に咲いてくれれば(笑)。出来合いの花束はリーズナブルな分、既に開花して何日か経ったものが多いので、延命剤を入れてもあまり持ちません。今も気に入った色のチューリップがパソコンの横で元気に咲いています。買ってきた時はしっかりとつぼんでいたのに、お店より部屋の中の方が暖かいせいでしょうか、たちまち全開してしまいました(笑)。それこそ“ぱっ!”と音が聴こえそうなくらい、勢いよく開いてます(^^; 先の方がちょっと色あせてきちゃいましたが、まだまだ元気です。この、懸命に咲き続ける姿を見ていると、自然と心が和んで癒されるんですよね。自分自身で選び、絶えず目に付く場所に飾るというのがポイントかな。ちょっと元気がない時にお奨めです。ぜひ、元気なお花から、その生命力を分けてもらうといいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年4月 »