« 流浪の民(1)〜いとしの表参道〜 | トップページ | 続・まさか、自分が… »

2004/11/13

まさか、自分が…

この数日間、自分はどうしてしまったんだろうと思った。
昨年の4月にカウンセリングの勉強を始めた時、40歳になる頃には何かしらのカタチで仕事としてのカウンセリング活動を始めようと、自分の中で漠然とだけれど目標を立てていた。
途中、何度も落ち込みはしたけれど、とてもゆっくりでマイペースだったけれど、小さな目標をひとつひとつクリアしてきた。
同期の仲間や後輩たちにどんどん追い越されていっても、「人は人、自分は自分」と思って、のんびりとやってきた。

それがなぜ、ここへきて急に焦り出したのか。
一つには来週末に迫った産業カウンセラーの学科試験への不安があった。そして、もう一つは心理カウンセリングの初級レベルチェック。今年の春からトライし続けて、先月末4度目の駄目出しをいただいた。悔しさと勢いで、その場で次回のエントリーをしてしまったのだが、結果的にこれが自分で自分の首を絞めることになってしまった。

初級レベルチェックというのは、心理カウンセリングの実技の力量をみるもので、仲間の研修生や先生が見守る中で10分間の個人カウンセリングのロールプレイをするもの。初級カウンセラーになると、講座のサポートに入ったり、外部へ派遣されるスタッフに同行したりといった研修活動に参加することが出来たり、仕事をもらえたりもする。それだけに、初級の壁は結構厚い。でも、今まで見ていると、3~4回目で合格する人が多かった。私は次回で5回目。ここらが正念場。3回目と4回目の時は、結構いい感じだったのに、あと一歩のところでダメ出しをもらってしまったので、次こそは、というプレッシャーはかなりあった。その5回目の挑戦を金曜日にするはずだったのだけれど…。(つづく)

|

« 流浪の民(1)〜いとしの表参道〜 | トップページ | 続・まさか、自分が… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38004/6623166

この記事へのトラックバック一覧です: まさか、自分が…:

« 流浪の民(1)〜いとしの表参道〜 | トップページ | 続・まさか、自分が… »