« 破れたハートの治し方 | トップページ | 流浪の民(1)〜いとしの表参道〜 »

2004/10/29

久々のレディースデー


一昨日、2ヶ月ぶりくらいで映画館のレディースデーを堪能してきました。いつものように友人とお昼に待ち合わせをして、ゆっくりランチをとっていると、少々のんびりしすぎたのか、あっという間に開始予定時刻!いつもはチケットを購入してから食事するところを、この日に限って買っていなかったので、慌ててチケット売り場へダッシュしました。

ところが…。目的の映画はその時間にやっていませんでした。
友人がネットで開始時間を調べてあったのですけれども、どうやら時間変更になる日時を見間違えたようで、残念な事に夕方の16:25の回と20時過ぎの2回しか上映されない事が判明しました。諦め切れない彼女は、もう1軒の映画館でもやっていないかと、確かめに行くと言い出し、少し離れた別の映画館へ向いました。でも、そこでの上映はありません。戻って夕方の回のを観てもいいのですが、3時間弱の空き時間をどうしようか…。ちなみに友人が観たがっていたのは「モンスター」という、殺人を犯した女性死刑囚の実話を基にしたお話。私はキムタクの「2046」の方が良かったのですけれどね。(^^; で、こっちの映画館ですぐに観られそうなのは「2046」とジョニー・デップの「シークレット・ウィンドウ」…と、「ハットリくん」(爆)。

迷った挙句、「2046」を観ようとしたのだけれども、なんと次の回はプレミアム館での上映で、2400円だという。それじゃ、レディースデーに観る意味がない! (1千円で観られるから水曜日に来てるのに!)他の2作品は、二人とも大して気乗りしないものだったので、無理して観てもつまらないし、それならさっきの映画館でお互いに観たいものを観よう、ということに落ち着いた。夕方の回なら「モンスター」も「2046」も5分違いで始まるし。

という訳で、私と友人は映画の開始時刻まで買い物したりお茶したり、二人で一生懸命時間を潰し、終了後に再び合流して一緒に帰った。それなら初めから互いに一人で観に行けばいいようなものだけれど、一人だと何となく面倒臭くなって行かなくなってしまうので、この「行き帰り一緒で中味別々」というパターンは、私たちには丁度いい観方なのかもしれない。同じものを観て感想を述べ合うのもいいけれど、別々の物を観て、互いに良かったところを紹介しあうというのも、なかなか乙なものですよ(^^ゞ

|

« 破れたハートの治し方 | トップページ | 流浪の民(1)〜いとしの表参道〜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38004/6623165

この記事へのトラックバック一覧です: 久々のレディースデー:

« 破れたハートの治し方 | トップページ | 流浪の民(1)〜いとしの表参道〜 »