« 2003年7月 | トップページ | 2003年9月 »

2003/08/21

久々のライブ

 8月になったな~っと思ったら、あっという間にお盆休み。それも瞬く間に終わってしまい、また普段の生活に戻りましたね。ま、私は休みでもそうでなくてもあまり変わらない生活してますが(^^ゞ

 お盆は静岡と長野、私とダンナのそれぞれの実家へ帰省していましたが、お盆休みの最終日である日曜日に、飯島真理さんのライブへ行ってきました。この前彼女のライブに行ったのは95年のことだから、えっと…8年前!?うわ、そんなに経つんだ…。
彼女の代表作といえば“愛・おぼえていますか”が有名だけれど、私はこれよりもう少し後になってからの彼女の曲が好きなのね。近年、また少し路線が変わってきたから、いわゆる中期とでも言うのかしら?TULIPの好みと似たところがありますねえ(笑)。

 アルバムで言うと、“コケティッシュ・ブルー”から“Love Season”辺りが一番好きかな。アイドル路線の可愛い真理ちゃんから大人の真理さんにイメージチェンジした頃ね。“ガラスのダーリン”とか“Still”とか“にぎりしめたジェラシー”等の曲が好きですねえ~。“Blue Christmas”みたいなバラードもいいですねえ。…なんて、ここで言っても、果たしてここを読んでいる方の中に彼女のファンはいるのかなぁ…?(^^;)

 ちなみに彼女はずっとアメリカに住んでいて、双子の男の子のママです。ダンナさんはアレンジャー兼キーボード奏者の外国人でしたが、数年前に離婚しています。アメリカでは女優の仕事もしていますが、今度日本の映画にも出演するのだとか。この日のライブはピアノの弾き語りと打ち込みによる一人きりのステージで、曲によってはシンプルで良い雰囲気でしたけれど、出来ればやはりバンドスタイルで聴きたかったなぁ、というのが私の率直な感想です。今って、アーティストにとっては不遇の時代で、長く活動してる人ほど大変な思いしているよね。彼女といい、井上昌己さんといい、才能あるのに惜しいよなぁ…。でも、歌うことを止めないでいてほしい。影ながら応援してあげることしか出来ないけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003/08/03

8月だねぇ…

 8月の訪れと共に、ようやく梅雨も明けました。今日はまだ外に出ていないからわからないけれど、昨日はあんまり「ああ~、暑いっ!」って感じじゃなかった。もっとも、昨日外出したのは暗くなる直前だったせいかもしれないけれどね。冷夏でお米の出来が心配だなんて噂もあるけれど、今年の夏は電力不足でもあるし、体温以上にもなるような馬鹿暑さは、勘弁してほしいよねぇ…。

 子供の頃から、8月になると、何だかがっかりするというか、妙な気分になる。それは多分、私の季節の好みに依るところが大きいかもしれない。春分の日を過ぎ、夏至に向かってこれからどんどん昼が長くなっていくという時期、その中でも特にゴールデンウィーク前頃から梅雨に入る頃までが、私は一年で一番好き。だからきっと、夏至を過ぎて丁度一ヶ月位の7月下旬までは、好きな時期と日照時間の長さ的に近いものがあって落着いているのが、8月に入った途端、「ああ、もう夏至から一月以上も過ぎちゃったんだぁ…」と、急に寂しくなるんじゃなかろうか?

 それに加えて、10代の頃ずっと悩まされていた夏休みの宿題の記憶も作用しているのかもしれない。毎年、夏休みに入る前は思うのだ。“今年こそ7月中に課題を片づけて、8月は悠々と遊ぶんだ!”って…。そして、とりあえず7月中に手を付け始めるのだが、この気紛れで飽きっぽく、長続きしないルーズな性格の私に、そんな要領の良い事など出来ようはずもなく、8月を迎えると何となく焦りを覚えるも、「ま、いっか…」の一言で済ませて、見事に放り出してしまう(笑)。2週目に入ると、後ろめたさを感じつつも、かなり開き直ってしまう。そしてお盆が明けた頃、「ぼちぼち再開しないと、まずいんでないかい?」と少しだけ復活するが、そのころに限って、洋画劇場で見たかった映画が目白押しだったりして、TV漬けになり、結局やり残したまま始業式を迎えるというパターンを毎年繰り返した(^^ゞ。

 大人になって何が嬉しかったかって、夏休みの宿題って奴をやらなくて済むようになった事が、もしかしたら一番嬉しかった事かもしれないなあ。あ、でも夏休みの宿題はなくなったけど、スタジオ入る日までに練習しなきゃっていう課題は、半永久的なんだよねぇ…(^^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年7月 | トップページ | 2003年9月 »