« 続・日本の夏してきました(^^ゞ | トップページ | 風邪ひいてまんねん… »

2003/07/14

♪デデン・デン・デデン…

 映画好きの皆様、もうご覧になりましたか?“ターミネーター3”。何ヶ月も前から、映画を見る度に予告編が流れて、何度シュワちゃんの「ジョン・コナー。イット・イズ・タイム。…シー(ウィ)ル・ビー・バ~ック!!」(ジョン・コナー。“審判の日”が来た。…奴(彼女)が戻ってくる!)ってなシーンを見させられ、嫌がおうにも期待感を煽られたことか…。本当は先行で見たかったけれど、ライブの前日リハと重なり、インターネット予約で初日の席をゲットして、土曜日、行って参りました。

 今度の敵キャラは、女ターミネーター。2の、バラバラになってもどろどろ~っと溶けて復活して、警官姿で執拗に追ってくる男も怖かったけれど、新型ターミネーターは女だけに、冷酷で残忍で、時に女を武器にする辺りが何ともしたたか。もっともっとストーリーについて話したいけれど、まだの方も多いと思うので、押さえておきましょう。

 それにしてもこのシリーズ、2が出来たのが91年、1に至っては84年の公開というから、実に20年近い歳月を掛けて完結した訳で、私などもう1を見たんだか見てないんだかすら覚えていない状態で3を見に行ったんですけど、見終わって、やはり1のあらすじが気になり、昨日ダンナとレンタルビデオで見てみました。

 3を見た直後なので、余計そう感じるのかもしれないけれど、CGがあまりにもチャチなのにびっくり…。鉄骨むき出しのターミネーターの動きは、まるでB級映画みたいだし、シュワちゃんはサイボーグのはずなのにやたら人間臭く、今の方が断然いい。20年で、CGの技術は格段にUPしたんですね。俳優さん達の演技力も、今の方がより一層レベルアップしているように思われ、歳月の流れを感じました。でも、今見ても十分怖さは伝わって来ましたし、ストーリー自体に古さは感じなかったので、予算の問題も影響しているのかなぁ?なんて思いました。後ね、1の時のシュワちゃんのお顔が、ネアンデルタール人かクロマニヨン人かって感じで、違う意味で怖いっす(笑)。

 ちなみに、シリーズ3作品の中では、私は2が一番好きだな。機械が人間愛を理解していく件(くだり)や、ジョン少年がターミネーターにスラングを教える辺りがすごく好き。いつか3もDVD化されたら、3作まとめて見てようと思った私なのでした。

|

« 続・日本の夏してきました(^^ゞ | トップページ | 風邪ひいてまんねん… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38004/6623136

この記事へのトラックバック一覧です: ♪デデン・デン・デデン…:

« 続・日本の夏してきました(^^ゞ | トップページ | 風邪ひいてまんねん… »