« 当たるも八卦、当たらぬも八卦 | トップページ | “卵の殻”経過報告 »

2003/06/15

♪で~んでん、む~しむっし

早いもので6月ももう半ばですね。梅雨に入って、ジトジト、ムシムシ…鬱陶しい日が増えてきました。こんな気候を喜ぶのは、紫陽花の葉の陰に居るでんでん虫(かたつむり)位のものじゃないかな。でんでん虫を飼ったことって、ありますか?私は小1の頃に、近所の紫陽花の木から2~3匹捕ってきて、小さな水槽で飼ってました。

スイカをあげたり、キャベツの外葉やメロンの皮をあげると、食欲旺盛なコたちで、モリモリ食べてました。食べれば当然、出るモノも出る訳で…(笑)、スイカを食べれば赤いのが、キャベツやメロンを食べれば濃い緑のモノが出てくるんですねえ。それで、よく食べてよく育ったみたいで、ある日水槽を見ると、ちっちゃなちっちゃな、透き通った貝殻みたいな子供が誕生してたんですよ。殻がぶわぶわ柔らかくて、摘んだら壊れちゃいそうに華奢で、何とも可愛らしかったのですが…あまりにもちっちゃかったので、水槽のお掃除をする際に、飼い主の“うっかり"によって洗面所の排水に流されてしまうという受難に遭ってしまったコも少なくありませんでした。それでも何匹か果敢に生き残って成長し、確か最後はまた元の紫陽花に戻しに行ったように記憶しています。

それにしても、彼らを見る度にいつも思うのですけれど、でんでん虫は可愛いのに、何でナメクジっていうのは、ああも気持ち悪いんでしょうかねえ?でんでん虫から殻を取っただけの姿なのに、見つけると思わず塩をお見舞いしてやりたくなるのは、何故なんでしょう?方や人を和ませ、方や人を修羅に変える…。殻があるかないかで、彼らの運命も大違い。そんな風に考えると、何だかちょっとだけナメクジが気の毒に思えてしまう私なのでした。

|

« 当たるも八卦、当たらぬも八卦 | トップページ | “卵の殻”経過報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38004/6623132

この記事へのトラックバック一覧です: ♪で~んでん、む~しむっし:

« 当たるも八卦、当たらぬも八卦 | トップページ | “卵の殻”経過報告 »