« 結婚記念日 | トップページ | ライブ会場で思った事 »

2003/03/24

最近のハマリもの

 CDショップへ行く度に、気になって気になって仕方のないアルバムがあった。天然果汁100%の色とりどりのジュースの瓶がずらりと並んだ美味しそうなジャケットに魅了された私は、何度目かに店を訪れたとき、ついにそれを手に取り、レジへと向かった。
 “カノン100%”。収録されている14曲全てがパッヘルベルのカノンもしくはその変奏曲という、文字通りカノンが100%ぎっしり詰まったアルバムである。パッヘルベルのカノンといえば、恐らく曲名を知らない人でも1度はどこかで耳にした事がおありだろう。有名なバロックの名曲で、あの山下達郎さんの“クリスマス・イブ”の間奏にも引用されるなど、和洋を問わず多くの人に親しまれている。私も大好きなのだが、いくら好きとはいっても、14曲も続けて聴いたら、いい加減飽きるのではないかと、密かに心配しながら、恐る恐るステレオのスタートボタンを押した。

 けれども、心配はすぐに無用なものになった。こてこての王道オーケストラ編あり、ハンドベル編にゴスペル編、ギターやドラム、ベースなどの入ったバンド編ありと、バラエティに富んでいて、実に気持ちよく聴けるのだ。ベストセラーになるのもわかる気がした。しかもこのカノン、なんと9年も前に既にパート1が出ており、その時も一躍ベストセラーになったものだった。ライナーノートの最後に、100%シリーズのラインナップが紹介されていた。“G線上のアリア100%”、“ノクターン100%”…私の飛びつきそうなものが目白押しである。

 昨日、CDショップに行った。レジに向かった私の手は、“G線上のアリア100%”をしっかりと握りしめていた(笑)。

|

« 結婚記念日 | トップページ | ライブ会場で思った事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38004/6623122

この記事へのトラックバック一覧です: 最近のハマリもの:

« 結婚記念日 | トップページ | ライブ会場で思った事 »